日々のこと,脱モラハラ

そびえ立つ壁にどれほどの数のため息を吐いただろう…声にならない嘆きが幾重にも幾重にも染みている。大海に憧れ続けたまま、大海を諦め、安全な暗い井戸の中で来る ...