刻まれた記憶

玄関チャイムが鳴った瞬間から私の仕事が始まる。スッと心に蓋をする。スッと感情を消すと、私はお手伝いさんモードに切り替わる。ドアを開け、過剰でない笑顔で「お ...