日々のこと,脱モラハラ

あっ、すごい!!一人! 自由! 荷物重いけど!嬉しい!冷え切った夫婦間、凍えそうな家庭内別居、やっぱり正解、私にとっては正解。そう思える。あのどんよりとし ...

脱モラハラ

昔はさ、若い頃はさ、な~んでも有りで、生きてたじゃない?ぜ~んぶが有りで、そんな見方してたよね?正解も不正解も無し、でぜ~んぶ正解、って思ってたじゃない? ...

脱モラハラ

私の原点は母だ。母の「洗脳」に感謝している。人も自然の一部と感じることとか、他人を思いやることとか、相手の立場になって考えることか、自分が嫌なことは人にし ...

脱モラハラ

「私は生まれ変わる!」、そう強く思う、ということ。私は、生まれ変わるために飛行機に乗る。そして、その日を迎える。迎えたその日の朝、「今日、私は生まれた!」 ...

脱モラハラ

冷え切った夫婦間、 家庭内別居、笑い声も聞こえない。 笑顔も無い。家族の体(てい)を成していない。そんなの嫌だって誰だって思う。私が幸せだと言っても、誰も ...

脱モラハラ

紙切れ一枚の関係、いつでも解消できる。理想の家族像も捨てた。良い妻も良い母も捨てた。夫のように、自分を中心に考え、相手に同調せず興味を持たず、自分を一番に ...

脱モラハラ

夫は柳の木の強さを知らない。あっちにふらふら、こっちにふらふら揺れる、枝の細さの強さを知らない。知る由も無い。気の強さじゃない、私の芯の強さの源は、母の愛 ...

脱モラハラ

星が見えるときも、真っ暗闇のときも。そして、生まれ育った、あの場所の空を思う。空は繋がっているのは知っていても寂しい、と思う。空を見上げて宇宙を眺めている ...

刻まれた記憶,脱モラハラ

ゴミ箱の底の裏、その領域に在る自分が
フッと訴えてくる。料理を作っているとき…単純な作業をしているとき…お風呂… 夢の中… 一人のとき…

刻まれた記憶,脱モラハラ

あの無慈悲な言葉で、私を攻撃する。
あの目で睨みながら、非情な言葉で攻撃する。前も後も無い、攻撃される、それだけのそんな夢。胸を締め付けられて、苦 ...