日々のこと,脱モラハラ

自分に問いかけて自分で決め、自分のために動いてささやかな欲求を満たす。それだけのこと。食べたかったら食べたで、食べたくなかったら食べないで。したかったらし ...

日々のこと,脱モラハラ

平日はこっちのもの。だから奴の存在に振り回されている納得できない自分にへこむのは、また今度にする。もう私の意識の中に″奴″はいない。どうでもいい。時間がも ...

日々のこと,脱モラハラ

どんな環境にいようと今の私には確かな実感がある。自分が在るということはそういうことなんだと改めて思う。日常を送り全ての事柄を見て体感しているのは私自身でそ ...

日々のこと,脱モラハラ

抜いたら抜いたで晴れやかな気持ちになるのは、抜いても抜いても生える雑草が、もしかして私の中の捨てても捨てても沸いてくる雑念のよう?根っこから抜かれていく。 ...

日々のこと,脱モラハラ

前に進むための一歩は選択と決断の連続で面白い。頂上近くになると急こう配のゴツゴツ岩場を這い上がる。小さな一歩から始まって、その小さな一歩を積み重ねて、山の ...

日々のこと,脱モラハラ

ごく当たり前のことに感動している私の幸せを感じるしきい値は底辺で、それは間違いなく奴のせいで奴のおかげだ。″穏やか″とは程遠い距離のこの環境の中でも自由に ...

日々のこと,脱モラハラ

夫の人生を生かされ、何も考えなかった自分不在の自分と、ぐるぐる巡る思考に囚われ落ち込む今の自分。どっちもどっちだな…一瞬浮かんで消えた最低な思い。脳みそが ...

日々のこと,脱モラハラ

前のめりの″前に進みたい″気持ちが、いつのまにか急き立てられるように、″前に進まなければ″に変わって、空回りしている。なのに止まることへの不安。

日々のこと,脱モラハラ

ありのままの惨状を文字にして並べて整理して、ふに落ちたあたりでそれ以上考えずに ″ふんっ”ってあざ笑う。本来の私と意識する私の距離が遠いとけっこう面倒くさ ...

日々のこと,脱モラハラ

奴の神経に私の神経は逆なでされる。私があなたと紅白を観て、あなたと年越しそばを食べて、あなたと新年をお祝いする。この期に及んでもそう思うのだろう…か…「は ...