日々のこと,脱モラハラ

私が変わる必要があったから、私が自分を思い出す必要があったから、私の心が自由になる必要があったから、この場所から逃げる必要があったから、奴の不倫があった。 ...

日々のこと,脱モラハラ

気軽な気持ちで他人事のように、間違っても気合いは入れずに、だけど「入念に」調べておくのは緊張と不安を無視して突っ走るため。ソロ登山がいいのもそのため。前日 ...

日々のこと,脱モラハラ

広げた手のひらには何も残っていない。何も持っていないから拳を握れる、そう思うとギュッと拳に力が入る。そして握った拳は分かりやすく間違いなく心強さに変わって ...

日々のこと,脱モラハラ

同じ環境でもどこを向くかで見える景色が180度変わる、ということをとうとう知ったから、目を向けるのは奴じゃないってとうとう気づいたから、目を向けるのは自分 ...

日々のこと,脱モラハラ

奴は朝から風俗に遊びに行ったはずだ。そんな最低な奴を心で罵って完全無視も出来ない自分にうんざりしている、そうなっていたはずのそんな一日が良い一日になって良 ...

日々のこと,脱モラハラ

自分に問いかけて自分で決め、自分のために動いてささやかな欲求を満たす。それだけのこと。食べたかったら食べたで、食べたくなかったら食べないで。したかったらし ...

日々のこと,脱モラハラ

平日はこっちのもの。だから奴の存在に振り回されている納得できない自分にへこむのは、また今度にする。もう私の意識の中に″奴″はいない。どうでもいい。時間がも ...

日々のこと,脱モラハラ

どんな環境にいようと今の私には確かな実感がある。自分が在るということはそういうことなんだと改めて思う。日常を送り全ての事柄を見て体感しているのは私自身でそ ...

日々のこと,脱モラハラ

抜いたら抜いたで晴れやかな気持ちになるのは、抜いても抜いても生える雑草が、もしかして私の中の捨てても捨てても沸いてくる雑念のよう?根っこから抜かれていく。 ...

日々のこと,脱モラハラ

前に進むための一歩は選択と決断の連続で面白い。頂上近くになると急こう配のゴツゴツ岩場を這い上がる。小さな一歩から始まって、その小さな一歩を積み重ねて、山の ...