モラハラ夫 絶対的な男尊女卑の価値観、誰のお蔭で生活できているんだ!

脱モラハラ男尊女卑

誰のお蔭で生活できてると思っているんだ

不倫が始まって10カ月近い。毎日のように食事のお誘いが来るから、相変わらずお金が必要だ。

3カ月前から口説いているカラオケスナックの女の人もいる。そこにも顔を出さなければいけないから、小遣いだけでは全然足りない。

私は言われるがままにお金を出していた。でも言おうと思った。そして言った。

「2万置いといて」と言う夫に「何で?」と聞いた。「無いから」と言う。
そして数日後、「1万置いといて」と言う夫に「何で?」と聞いた。「無いから」と言う。
翌日、「1万」と言う夫に「何で?」と聞いた。イラっとしながら言う夫の言葉は聞き取れない。

35年間で初めてのこと。それだけのこと。でも夫は面白くないはずだ。そして次の日。

「俺の通帳とキャッシュカードは?」と言う。
「どうするの?」と聞く。

「出し入れすんだよ!1万2万でグチグチ言いやがって!!」

「聞くの普通のことだけど?」
私は今までとは違う。引き下がらなかった。

「1万2万でグチグチ言いやがって!俺の稼いだ金だろうが!誰のお蔭で生活できていると思ってんだ!!」

「私も働いて給料貰っている」と言ったが、「はあ?それも俺の稼いだ金だろうが!」と言う。

とうとうこの人は本心を口にした、と思った。本心と言うより“俺じゃない本当の俺”が出た。(笑)分かりづらいけど。

私を虐待するとき溢れ出てた本心。従うだけだから今まで口にする必要が無かった言葉。

そして自分は“良い夫”として通した。人にも自分にも。私への虐待も無いことにして、“いい人”という体(てい)で生きている。

夫は自分自身に嘘をついて生きている。そして、その“嘘”は、夫の中で“本当”になる。

妻に優しい俺。広い心と大きな器を持っている良い夫だ。
そんな俺が妻を虐待するはずが無い。
妻が家事をやってくれているから、俺は何も心配することなく働いている、って分かってやれる俺。

私をモノのように、サンドバッグのように、当たり散らしてきた。当たり散らしている。
私が一言「何で?」と聞いただけで気に入らない。

人にも自分にも“本当にしてきた夫”じゃない、夫自身に“嘘をついている方の夫”が出てきた。

夫にとって認めたくない自分、俺じゃない本当の俺が顔を出した。 そして、誰のお蔭で生活できていると思ってんだ、お前の給料も、全部俺が稼いだ金だ。と言う。

私はその言葉を浴びせられながら、気持ちが晴れていく。うまく説明できないけど。。。
“嫌な自分を見ろ、それが本当のあなたなの”と思った。そして言えた。

「35年間タダ働きかよ!私は奴隷かよ!」
あっ間違えた40年近くだ、まっいいか、と頭は覚めている。

口答えできる自分が、喧嘩ができる自分が嬉しかった。

喧嘩の途中、恐怖がよぎったが暴力を振るわれてもいい、振るえばいい、と思えてた。

もう、私は恐怖で支配されない

男尊女卑の価値観のまま生きて、世間では通用しないのも知っていて、妻に虐待した自分を無かったことにして、全て人のせいにして、自分から逃げて責任を取ることもできない。自分で考える能力も無いから改めることもしない。男尊女卑の価値観の塊りがあなたなの!

良い夫のフリに私は、罪悪感を持たされ、洗脳され、巧妙な手口に追い詰められて生きてきた。それも、もう終わり。俺は100%の旦那だ、と言うけど、あなたは100%の夫じゃない。100%のモラハラ夫だ

ルル
ルル
うわっ、断言しちゃったよ!ただの喧嘩?じゃないよね?
キキ
キキ
言われた現実だけを見る。自分軸でOK!!私のお蔭でしょ!って言ってやれ!